家事動線と収納を考えたママのための家(ママハピ)|トヨタホームの新築一戸建て注文住宅

ママハピ

  • ママハピとは?コンセプト
  • ママハピが提案する3つのキーワード

    • みんなで家事
    • ふれあう空間
    • だれでも収納
  • 働きママ社員が語るママハピの魅力
  • 働きママ社員が設計プラン例

「家事を効率よく済ませたい」

みんなで家事

働きママの家事効率を高め、家族が自然と協力できて、家事をラクに行える。共働き家族の家には、そんな工夫が必要です。家事の時間も、家族との大事な時間だから、「みんなで家事」。
スムーズ家事動線
洗濯&部屋干しルーム 夜洗濯・夜干しが定番になる働きママのために、1階フロアに『洗濯&部屋干しルーム』を確保。「洗って、干す」も気軽に行えます。 ウォークスルーパントリー キッチン横に、食料やペットボトルなどが保存できるパントリー。必要なときラクに取り出せます。 みんなのクローゼット 取り込んだ洗濯ものをハンガーのまましまえる部屋。季節の上着を置いておけば、でかける前にサッと着替えられて便利です。

短い時間に家事が集中するからこそ、キッチンを中心に、「動線」を集中させましょう。

「食事も洗濯もぜんぶが同時並行に・・・」働きママは帰宅後の短い時間に、どうしても家事が集中してしまいます。だからこそ、「効率」を一番に考えた「スムーズ動線」が大切。
ママにとっても、家族にとっても家事がしやすい提案です。

働きママにココがうれしい!

  1. 1キッチンにいても洗濯機のタイマー音がしっかり聞こえます。
  2. 2朝食の準備をしながら身支度も。朝の時間に余裕が生まれます。

子育てPOINT

さまざまな家事の場をひとつの場所(動線)にまとめることで、家事を手伝う家族同士でお互いの様子が分かり、声もかけやすくなり、自然とコミュニケーションが深まります。

例えばこんな提案1 洗濯&部屋干しルーム

夜洗濯・夜干しが定番になる働きママのために、気兼ねなく洗って干せる部屋を確保。

「濡れた洗濯ものを2階に運んで干す。これがかなりの重労働・・・」そんな声に応えて、1階フロアに『洗濯&部屋干しルーム』を確保。間取りの工夫と、部屋干し専用のアイテムで、毎日の洗濯の苦労をグンと減らすことができます。

部屋干しファン

空気の流れをつくり、省電力で部屋干し乾燥を促進。生乾き特有のイヤな臭いを抑え、除菌もできます。

室内物干しユニット

天井から降下する物干しバーで、狭いスペースでもたくさん干せます。使わないときは収納してスッキリ。

室内物干しバー

部屋干しファンと組み合わせて効率的に乾燥させる専用バー。

働きママにココがうれしい!

  1. 1「せっかく朝干したのに、夕方の雨でびちょびちょ」なんてことはなくなります。
  2. 2忙しい平日は、2~3日干しておいても大丈夫。
  3. 3扉を閉めれば、お客さまに見えることもありません。
  4. 4屋外に面した部屋なら、外干ししたいときもすぐ干せます。
  5. 5花粉の季節も安心して干せます。

子育てPOINT

洗濯物を干したり、取り込んだり、ママの作業の様子がみんなから見えるので、自然に手伝いやすく、声もかけやすくなります。自分の汚した服が、どんな手間を経て、洗濯されるのかを知ることで、家事の大切さも学べます。

例えばこんな提案2 ゴミステーション

ゴミや古紙の場所を集中させてみんなで分別。「ママだけしか分からない」をなくしましょう。

「お惣菜やテイクアウトって、結構かさばるゴミがでる…」ゴミも重要な共働き家族の問題です。ポイントは、分別による定位置を決めて、家族みんなでゴミを分別する。それが、ママハピの『ゴミステーション』という提案です。

子育てPOINT

  • ・「わが家は1週間でこんなにゴミがでるのか」ということを知るのも立派な環境教育。
  • ・分別する習慣を通して、家事参加と同時に環境問題にも関心を持ってもらいましょう。
みんなで家事のプラン例を見る
悩みをもっと解決!

「もっと家族の顔が見たい」を解決!

ふれあう空間

「お部屋をきちんと片づけたい」を解決!

だれでも収納

働きママの声から生まれた家族がハッピーになれる住まい【ママハピ】 :トヨタホームの一戸建て注文住宅

注文住宅・分譲住宅をはじめ、安心の家づくりをご提供する住宅・ハウスメーカー 【トヨタホーム】