スタイルに合わせた自由設計「エスパシオ」シリーズ|住宅・ハウスメーカー 【トヨタホーム】

TOYOTA HOME
エスパシオの構造体
エスパシオの構造体テキスト
  • 構造
  • 耐震
  • 断熱
  • デザイン
  • 敷地対応力
高性能と自由度を融合した「EST工法」
「EST工法」

鉄骨軸組工法の「高性能」と、家づくり本来の「自由度」を併せ持つEST工法は、「災害に強い」「快適に暮らせる」などの基本性能と、「柔軟なプランニング」という自由度の両立をテーマとして、トヨタホームが独自開発した鉄軸工法です。

(EST工法はEvolutional System of TOYOTAの頭文字と、お客様に最上級の住まいをお届けしたいという願いを表しています)
「EST工法」
エスパシオで使用している鉄骨材
安定した強度と品質を持つ、理想的な構造材「鉄」。

柱・梁などの主要構造部に鉄を採用し、外壁や間仕切りなどのフレームにいたるまで木を極力排除したエスパシオ。
その理由は、押す力にも引く力にも強く、粘り強さを併せ持つ鉄という素材が、住まいに適していると考えたからです。
鉄・木・コンクリートを同じ断面積で比較すると、鉄の圧縮強度・引張り強度は、木やコンクリートの15倍以上。

圧縮強度の比較
安定した強度と品質を持つ、理想的な構造材「鉄」。

柱や梁の接合には、高強度中ボルトを採用。
摩擦係数安定剤によって効率よく締め付けるため、ボルト本来の能力を発揮します。このボルトは、国土交通大臣が強度指定したもの。
小さな部品のひとつひとつにまで独自の厳しい規格に基づいて選択しています。

柱・梁接合部
2階建でも3階建でも、工法を変える必要の無い強い構造体。

3階建住宅を建てる場合、より高い強度が求められるため、2階建とは工法を変えることがあります。
エスパシオは、もともとの構造体に高い強度が備わっているため、3階建住宅の場合でも、2階建と同じ工法で家を建てることが可能。
2階建でも3階建でもご要望に合わせた自由なプランニングを実現します。

エスパシオと強度の低い軽量鉄骨の比較
建物の強度を保ちながらも、柔軟なプラン対応力で間取りの自由度を最大限に確保。
「EST工法」
空間を縦にも横にも自在にデザイン。

光がやさしく差し込む大きな吹き抜け、風を感じる開放的なリビング、一体感のある広々としたフロア。
エスパシオなら建物強度を保ちながら柔軟なプラン対応で間取りの自由度を最大限に確保。

通し柱が不要な「梁勝システム」だから、間取りや窓位置も柔軟に対応可能です。

エスパシオは、上下階に通じた通し柱を入れる必要がない工法で、柱の位置をフロアごとに変えることができます。 そのため、間取りや窓位置の自由度が高いプランニングが可能。

「EST工法」
エスパシオ梁勝システムと従来のラーメン構造の比較
ページの先頭へ
最高ランク「等級3」の耐震性を実現
※3 商品・プランにより異なる場合があります。
ラチス柱

地震や台風などの外力に耐えるための耐力壁には、ジグザグ状のラチス柱を採用。中規模地震にはラチス材が外力を受け止め、大規模地震にはラチス材が変形することで外力を吸収し、建物の倒壊を防ぎます。

ラチス柱が変形することで外力を吸収し、建物の倒壊を防ぎます。 一定以上の外力がかかるとブレースが破断し、建物が倒壊する恐れがあります。
※ブレース:建物を強くするために軸組に対角線を取り入れた補剛材。(筋交い)
ラチス柱
ラチス柱

エスパシオなら、少ない耐力壁で一般的な鉄骨軸組工法と同等の強度を確保することができます。この特性が柔軟なプラン対応力やリフォーム時の制約の少なさなど、数々のメリットを生み出しています。

ラチス柱
曲げ強度
地震から大切な家を守るため

エスパシオに採用されている梁は、十分な強度を持った構造体を支える要。
この250mmの強い梁に、強くしなやかなラチス柱を組み合わせることで高い耐震性を実現しています。

※kNは、力・重量を表す単位で、この場合数値が大きい程、強度が高いことを表しています。1kN≒0.102tf
ページの先頭へ
トップクラスの断熱性能を実現するハイブリッド断熱工法。
最高ランク「等級4」の基準をクリアする断熱性能。

一年中快適な暮らしを実現するエスパシオの断熱性能。
エスパシオは品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の「住宅性能表示制度」温熱環境・断熱性能等級の項目において、最高ランクの「等級4」の基準をクリアしています。

※プラン・仕様・地域によって異なる場合があります。
エスパシオの断熱性能(Q値)の比較
エスパシオの断熱性能
省エネルギー基準の地域区分
平成25年省エネルギー基準とは

平成25年省エネルギー基準とは、「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネルギー法)」に基づいて国が設定した基準(平成25年に省エネルギー法の基準が一部改正)。日本全国を気候条件により大きく分けて8地域に区分し、地域ごとに断熱や日射遮蔽などの基準値が設定されています。

外皮平均熱貫流率(UA値)

UA値とは、外皮そのものの熱性能に着目した指標で、住宅の内部から外部へ逃げる熱量を、外皮全体で平均した数値のことです。この数値が小さいほど建物の断熱性能が優れていることになります。

外張り断熱と充填断熱のメリットを両立させた「ニューハイブリッド断熱工法」

外張り断熱工法は、柱や梁などの構造体も断熱材で覆う施工方法のため熱が逃げにくく、施工上でも隙間ができにくい等のメリットがありますが、そのために冷暖房容積が大きく、空調コストの部分でデメリットもあります。充填断熱工法では、一般的に柔らかく追従性の高い繊維系断熱材を使うため施工がしやすく、さらにコストパフォーマンスが高いというメリットがありますが、特に壁等垂直面への施工時に隙間ができやすいという注意点があります。
これらを踏まえ、エスパシオは各部位に最適で効率の良い断熱方法と、高性能な断熱材を選択した「ニューハイブリッド断熱」を採用。外張り断熱と充填断熱の優れた部分を融合(ハイブリッド)した、エスパシオ独自の断熱工法です。その高い断熱性は平成25年省エネルギー基準(4~7地域)をクリアする性能を実現しています。

エスパシオの断熱性能(Q値)の比較
住まいの各部位に、最適な断熱工法を採用。
外壁部断熱構造
外壁部は構造体を外から包み、家全体の熱損失を大幅にカット。

あらゆる部位から逃げる住まいの熱。その損失を防ぐため、エスパシオは独自のハイブリッド断熱で、各部位に適材適所の断熱を採用。住まい全体の住環境を高め、快適な住まいを実現しました。
常に外気にさらされる外壁部の断熱には、構造体と外壁の間に、優れた気密・防湿性があり、高い断熱効果が持続するパネル状の硬質ウレタンフォームを採用。柱部を外から包み込むことで、鉄骨を伝って熱が逃げるヒートブリッジ現象を防ぎます。
さらに、より高性能な断熱材を採用したハイグレード仕様もご用意しています。

熱損失の比較(旧省エネ基準の家を100とした場合の比較)
ページの先頭へ
「美しさには理由がある」自由設計のエスパシオ。
独自のアール形状で個性的な外観。

エスパシオの表情に一段と個性的な印象を与えるアール外観。
工業化住宅で難しいとされていた曲線を描く外観を、トヨタホームの技術で可能にしたデザインです。
豊かな存在感を印象づけるアールドウォールや、個性あふれる外観を可能にするカーブドウォールで住まいを演出します。

カーブドウォール、アールドウォール
デザインイメージ
大胆かつ繊細。そして印象的。機能性を兼ね備えたシルエット。

街並みに映え、思わず足を止め美しいと感じさせる外観。美しい住まいには、一邸一邸にストーリーと存在感があります。 その理由は、洗練されたデザインと優れた機能性の融合。エスパシオならではの佇まいが、この家に暮らす家族の個性を物語ります。

様々な屋根形状で自由にシルエットを楽しむ。

水平・垂直で構成されたスクエアシルエットのフラットタイプ、モダン&ダイナミックな片流れタイプ、街並みに調和しながらプライバシーを守る切妻タイプ、包み込むような軒が堂々とした佇まいを演出する寄棟タイプ。
希望に合わせて叶えられるさまざまなシルエットは、優れた機能と印象的な美しさを兼ね備えています。

フラットタイプ 片流れタイプ
切妻タイプ 寄棟タイプ
ページの先頭へ
敷地の個性を住まいの個性に。エスパシオの敷地対応力。
都市の敷地も最大限有効活用し、さまざまな工夫で空間を広く。

エスパシオは、25cm単位で建物拡張・建物配置が可能。
狭小や変形の敷地でも、隅々まで有効に使うことができます。
採光・通風やプライバシーの確保など、周辺環境やライフスタイルに合わせたプラニングが可能です。

デザインイメージ
それぞれの敷地の課題に、対応力で応えます。

家を建てる際、敷地の悩みはさまざまです。広い空間で暮らしたいとの思いがありながら、狭小や変形敷地のため、あきらめてしまう例。建物が隣接する都市の敷地では、光や風を採り入れられないと考えてしまう例など。エスパシオは、それぞれの敷地の課題に柔軟に対応します。

敷地を有効に使う斜線制限を避けるプライバシーを守り採光を確保する
光と風を心地よく ESPACIO 都市のひだまり
都市に暮らす3階建 ESPACIO 【エスパシオ EF3】
ページの先頭へ
エスパシオシリーズ カタログ

【スタイルに合わせた自由設計「エスパシオ」シリーズ】のご紹介ページです。