事業理念 トヨタ自動車創始者の願いから生まれたトヨタホームの精神

創業の精神

日本の住まいをよくしたい

安定した高品質の住まいをお届けするため、家の多くの部分を品質管理を徹底した工場で生産しています。
高品質、高い耐久性、さらに健康や防犯に配慮した「安全・安心」なトヨタホームの家づくりには、トヨタグループの総合力を結集した技術が生かされています。

ブランドビジョン

Sincerely for You ~人生をごいっしょに。~

家づくりで私たちが何より大切にしたいのは、お客様の生涯にわたるご満足です。よりよい住まいを提供することはもちろん、建ててからもお客様と生涯のおつきあいを、何より大切にしたい。その思いをこのブランドビジョンに込めています。

このブランドビジョンに沿って、お客様一人ひとりに、心のこもった商品づくりと、販売、アフターサービスを提供し、お客様の満足度をさらに高めていきます。そして、社会に貢献できる会社であり続ける努力をしています。

トヨタ自動車創始者・豊田喜一郎の家づくりへの思い

トヨタ自動車創始者・豊田喜一郎

まず、燃えない家をつくること。
その思いこそが、トヨタの家づくりの原点でした。

戦後まもなく、一面の焼け野原の中。
トヨタ自動車の創業者、豊田喜一郎は一つの思いを抱きました。
「木や紙でつくった燃える家ではダメだ・・・
人は誰でも皆、ある一定水準以上の住宅に住むべきだ」
それ以来、トヨタは家族の末長い幸せを第一に考え、高品質で丈夫なコストパフォーマンスの高い家を追求し、工場で鉄骨の家をつくるという発想に行きついたのです。

ページの先頭へ