地元でずっと、腰を落ち着けて働ける。営業 伊藤義典 入社時:29歳

伊藤義典

「いつどこに転勤させられるかわからない」という不安が、ありません。

「転居を伴う転勤がない」。このことが、自分にとって一番の魅力となっていますね。岐阜県生まれで、岐阜県育ち。家族も友人も、いつもすぐ近くに居てくれますから、プライベートが充実していますし、その分安心して仕事に集中できるんです。これは私事ですが、結婚を機に思い切ってマイホームを建てたんです(もちろん、トヨタホームで)。そういった「人生設計の立てやすさ」も、転勤のないトヨタホームならでは。これからもずっとこの土地で、頑張っていきたいです。

伊藤義典

お客様も同じ地元ですから。話もはずみます。

ずっと同じ土地で働いていると、お客様との会話ひとつとっても違うんです。例えば、モデルルームへお見えになったお客様。「どちらへ新居を建てる予定なんですか」という話をする時も、住所をお聞きすればなんとなく土地柄のイメージがつく。そうすると不思議なもので、お客様の警戒心がスッと引いていく時があるんですよね。「同じ土地の人間同士」ならでは、とでも言うんでしょうか。それに、お客様にとっても担当の社員がずっと身近にいるということは、大きな安心になると思います。

伊藤義典

自分なりの営業スタイルで、のびのびやらせてもらっています。

前職でも注文住宅の営業をやっていました。いわゆる「同業からの転職組」なのですが、そんな私にとって助かったのは、「自由にやっていい」と言ってくれたこと。「トヨタホームならではのルール」を押し付けられたことは、一度もありません。この仕事は設計やインテリアなどの部門とも連携をしてやっていかなければいけないのですが、みんな、私のやり方を尊重してくれて、そのうえで丁寧にサポートをしてくれるんです。中途入社の人間が多く活躍できているのも、こういった社風のおかげなのだと思います。

動画でこのインタビューを見る

動画インタビューイメージ Get Flash Player

ページの先頭へ