TOYOTA HOME
GOOD DESIGN AWARD 2015

トヨタホームは2015年度グッドデザイン賞を4件受賞しました

GOOD DESIGN AWARD 2015

トヨタホームは、戸建商品「シンセ」“鉄骨ラーメンユニット構造”、オリジナル空調システム「スマート・エアーズ」 、戸建住宅街の北側景観を魅力的にした「北並みメソッド」、新旧住民の交流を促す街並環境デザイン「エリアスケープアクション」の4件で、2015年グッドデザイン賞を受賞しました。

戸建商品「シンセ」“鉄骨ラーメンユニット構造”

戸建商品「シンセ」内観
戸建商品「シンセ」ユニット

クルマづくりのノウハウを結集させたユニット工法

「ユニット工法」は、柱と梁を強固に接合して一体化させたユニットを組み合わせる工法です。約85%を工場で生産し、さらにお客様によって異なる間取りや開口位置の仕様に対応。一見相反するそれらの要素の両立を目指し、その課題をクルマづくりから生まれた技術と生産方式によって解決しています。

高い強度と高い耐震性で安全で快適な住まい


トヨタホームの耐震性は、太く強靭な柱によって支えられています。柱の太さは、業界トップクラスの125ミリ角。また国の定めた住宅性能表示制度において最高ランクの「耐震等級3※1)」をクリアしています。
※1 商品・プランによって異なる場合があります。

「トヨタ生産方式」を活用した高品質な住まい


「ムダ・ムラ・ムリを徹底的に排除し、不良品を後工程に流すことなく品質を徹底的につくり込む」というトヨタの基本思想から生まれたトヨタ生産方式。精度と効率を徹底的に追求し、安定した品質の実現に力を注いでいます。

思い通りの間取りを実現する自由度の高い住まい


最小限の柱と梁で建物を支えるトヨタホームの住まいは、計42のユニットバリエーションを自在に組み合わせ、かつ高い敷地対応力を有し、最大56.7m2の無柱空間や並列2台の駐車が可能なインナーガレージなど自由度の高い住まいを実現しています。

もっと詳しく見る
カタログ請求

オリジナル空調システム スマート・エアーズ

スマート・エアーズ」内観イメージ
スマート・エアーズ」内観イメージ

スマート・エアーズにより実現する、永続的な健康快適住空間

「スマート・エアーズ」は、一定の温度を保つことにより快適な空気環境を実現する、空調システムです。大気汚染問題やヒートショックといった、住宅内でさえ健康を脅かす危機を解決し、安全・安心な住まいを提供します。

スマート・エアーズによる快適な空間創出

自動車技術を応用し全館空調機器を小型化。また縦ダクトを廃し、ダクト類は床下・小屋裏に設置し、居住空間には床に吹出口のみを設置することで全館空調の存在を感じさせないデザインになっています。

低コストによる高い普及性

  • ※初期費用:当社従来型全館空調システム約200万円(延床面積が122m2の場合)/スマート・エアーズ約100万円(延床面積が118m2の場合)
  • ※換気システムに関する機器費用は含んでいません。

機器の効率化とシンプルな空調設計により、低コスト化を実現。当社の従来型の全館空調と比べると、販売価格は約半分になりました。また1・2階独立したシステムを導入したことで、ムダを抑えて賢く使えるようになっています。

スマート・エアーズによる快適な空間創出


急激な温度変化は血圧や心拍に与える「ヒートショック」を引き起こす恐れがあります。スマートエアーズは居室だけでなく、洗面室や玄関などフロア全体をムラ無く暖め、ヒートショックを軽減します。

※愛知県に建つトヨタホーム実邸(H25年省エネルギー仕様6地域「熱交換換気」を採用)による2011年2月の実測値。(外気:約7℃)

※空調条件:24時間全館空調、定格運転20℃

柔軟な可変対応力

独自のスペース効率の高い床下と小屋裏を利用し、夫婦二人+子ども二人、また子ども独立後の夫婦二人等、ステージに合わせ、ダクト・吹出口を自由に配置。暮らしの移り変わりによる空間変更に対応しています。

もっと詳しく見る
カタログ請求

戸建住宅街の北側景観デザイン 北並みメソッド


これまで殺風景になりがちだった「北道路側の街並(北並み)」を「緑豊かで付加価値が高く、住民の誇りと愛着を生む」美しい景観に変革。「北並み」空間の魅力を高め、コミュニティ形成の活性化を図った街づくり手法が認められました。

「アメリカンポーチ」

「アメリカンポーチ」

「樹景テラス」

「樹景テラス」
グッドデザイン賞受賞詳しくはこちら

街並み環境デザイン  エリアスケープアクション


新しく住宅地を開発する際、周囲の公共地などと街並みを一体の環境資産としてデザイン。入居者と地域住民を豊かな景観でつなぎ「この街ができて環境が良くなった」と言われる取組みを各地で実践している事が評価されました。

従来なら擁壁として固めてしまう傾斜地を「スロープガーデン」とし、遊歩道の景観も向上。

北並み空間「アメリカンポーチ」ディアランド 千葉県印西市
北並み空間「樹形テラス」バームクローネけやき台 茨城県守谷市

利用者のなかった隣接緑地帯を、世代を越えて楽しむ「探検緑地帯」にリニューアル。

グッドデザイン賞受賞詳しくはこちら
ページトップに戻る