ニュースリリース

2010.04.27

住宅版エコポイント制度の対象賃貸商品「シンセ・スマートメゾン」を拡販へ
標準仕様で『エコポイント対象住宅基準』をクリア

トヨタホーム株式会社(以下、トヨタホーム)は、ユニット工法による賃貸住宅「シンセ・スマートメゾン」の性能が標準仕様で国の住宅版エコポイント制度の基準をクリアする商品であることから、住宅エコポイント制度対象賃貸商品として、販売に力を入れる。

「シンセ・スマートメゾン」は、トヨタホームの主力商品であるユニット工法の戸建住宅「シンセシリーズ」の快適性・耐久性を継承しつつ、最高ランクの耐震性能を備えた賃貸住宅商品として商品化、08年に発売した。住宅版エコポイントは、省エネ法のトップランナー基準に相当する戸建住宅・共同住宅の新築、またはリフォームが対象となっているが、戸建と同等の住宅性能を備えた「シンセ・スマートメゾン」は、標準仕様でトップランナー基準相当をクリア(一部対象とならない地域がある)しており、基準クリアのための設備等の追加が不要で、そのままエコポイントを取得できる。

賃貸住宅のエコポイントは、戸建と同様に1戸(1世帯)につき30万ポイントが付与される。
このため、例えば1棟当たり5戸(5世帯)ある賃貸住宅を建設した場合、150万ポイント(150万円相当)が取得できる。このポイントは即時交換が可能で、追加工事等にも利用できる。例えば、取得したポイントを使って、建物周辺の緑化や、IHクッキングヒーターの導入費用に充当するなど、オーナーは、入居者向けに建物の魅力アピールの材料に使うことができる。

トヨタホームは、賃貸住宅を東名阪を中心とするエリアで販売している。「シンセ・スマートメゾン」が標準仕様で住宅版エコポイント対象の賃貸住宅商品である点を強くアピールすることで、2010年度は年間120戸と、大幅な販売増を図る計画。

写真

シンセ・スマートメゾン
※クリックすると拡大します

お問い合わせ先

トヨタホーム株式会社 052-952-4546

※本内容はニュースリリース時点の内容となります。ニュースリリース以後の内容は、トヨタホーム各販売会社へご確認下さい。

注文住宅・分譲住宅 商品サイトへ