TOPICS 日本ソフトボール協会トピックス

日米対抗ソフトボール 2017記者会見を開催!

4月17日(月)、横浜スタジアムで「日米対抗ソフトボール 2017」(日米対抗ソフトボール 2017の特設サイトはこちら)の記者会見が開かれた。 記者会見には、(公財)日本ソフトボール協会・宇津木妙子副会長、女子TOP日本代表・宇津木麗華ヘッドコーチ、山田恵里主将、上野由岐子投手が出席。大会への意気込みを語った。

記者会見冒頭、(公財)日本ソフトボール協会・宇津木妙子副会長が挨拶に立ち、「この『日米対抗ソフトボール 2017』の第1戦、第2戦が東日本大震災の復興支援として宮城県仙台市で、最終戦(第3戦)が東京オリンピックの会場となることが決定している横浜スタジアムを舞台に開催されるのは非常に意義深いこと。昨年のこの大会の東京ドームでの第1戦には、3万人を超える観客が詰めかけてくれました。昨年以上の大会とするためには、選手たちの『最高のプレー』が必要になります」と、大会開催の意義・大会成功へ向けた決意・意欲を語った。
続いて、宇津木麗華ヘッドコーチが、「今はまだ2020年東京オリンピックへ向け、チームの強化に着手したばかりですが、常に『世界の頂点』を争ってきたアメリカとの対戦を通し、特に投手力の強化につなげていければ……と考えています」と語った。
チームのキャプテンを務める山田恵里選手は、「チームとしてはスタートしたばかりであり、『まだまだ……』といった状況ですが、まずはキャプテンとして、自分自身のプレーをしっかりやりたいと思います」と、力強く語った。
チームの「エース」であり、投手陣の「リーダー」でもある上野由岐子投手は、「アメリカという強い相手に何が必要か、何が通用し、何が不足しているかをつかんでほしいと思います」と、「経験」の重要性を説き、唯一高校生で代表に選出された勝股美咲投手(多治見西高/岐阜)に質問が及ぶと、「とにかく今は『世界のレベルはこんなに高いんだ』ということを感じてもらえればいいと思います。そのすべてが『経験』になりますし、『次』へとつながっていきますので」と期待を口にした。
この「投打のスーパースター」を中心としたチーム作りを公言している宇津木麗華ヘッドコーチは、「二人には、事あるごとにその経験をチームに伝えてもらうよう、他の選手たちに話してもらう機会を作っています」と明かし、その上で、「とにかく3年後を見据えた戦い、そこにつながる戦いをしなければならないと思います」と会見を締めくくった。

大会は、6月23日(金)、宮城県仙台市・シェルコムせんだいで熱戦の火蓋が切られ、第1戦・第2戦は「杜の都」仙台を舞台に「世界最高レベル」の激闘を展開。6月25日(日)の最終戦(第3戦)は横浜スタジアムに舞台を移し、大会はクライマックスを迎えることになる。

大会概要

主 催
(公財)日本ソフトボール協会、読売新聞社
共 催
(仙台市(第1戦、第2戦)
協 力
宮城県ソフトボール協会、(公財)仙台市スポーツ振興事業団、スポーツコミッションせんだい(以上、第1戦、第2戦)
神奈川県ソフトボール協会(以上、第3戦)
特別協賛
トヨタホーム
協賛
アットホーム、明治
試合スケジュール
◆第1戦/6月23日(金)/会場:シェルコムせんだい(仙台市泉区)
 18:30 試合開始 日本代表(一塁側)対アメリカ代表(三塁側)
◆第2戦/6月24日(土)/会場:シェルコムせんだい(仙台市泉区)
 13:00 試合開始 日本代表(一塁側)対アメリカ代表(三塁側)
◆第3戦/6月25日(日)/会場:横浜スタジアム(横浜市中区)
 13:30 試合開始 日本代表(一塁側)対アメリカ代表(三塁側)
大会規定
◇ベンチ入り選手:17名(大会登録選手は20名以内) ※日本代表 出場選手はこちら
◇延長戦:7回を終えて決着がつかない場合、8回以降はタイブレーカーを実施する。 ※タイブレーカーについてはこちら
ホームラン競争
◆各試合の試合開始約1時間前から、両チーム代表選手によるホームラン競争を実施。
テレビ放送
◆第2戦はCS放送「日テレジータス」にて13:00~16:00で生中継
◆第3戦は「BS日テレ」にて19:00~20:54で録画放送を実施
※第1戦は未定です。
公益財団法人 日本ソフトボール協会 公式ページはこちら

注文住宅・分譲住宅をはじめ、安心の家づくりをご提供する住宅・ハウスメーカー 【トヨタホーム】