TOPICS 日本ソフトボール協会トピックス

2017 JAPAN CUP 国際女子ソフトボール大会 in 高崎」を振り返って
日本、神懸かり的な逆転で「連覇」達成!

去る8月25日(金)~27日(日)、群馬県高崎市・城南野球場で「2017 JAPAN CUP 国際女子ソフトボール大会 in 高崎」(大会結果・出場選手はこちら)が開催され、女子TOP日本代表をはじめ、アメリカ、カナダ、オーストラリアの「世界のTOP4」が集結。世界トップレベルの力と技の応酬で詰めかけた観客を魅了した。

大会初日(8月25日/金)は予選リーグが行われ、女子TOP日本代表はナイトゲームでカナダと対戦。5-0で勝利を収めた。大会2日目(8月26日/土)も予選リーグの対戦が実施され、この日ダブルヘッダーとなる女子TOP日本代表は、まず第1試合で「宿敵」アメリカと対戦したが投打の見せ場をつくることができず2-6で完敗。今大会初黒星を喫した。しかし、第3試合でのオーストラリア戦では3-0で快勝し、その結果女子TOP日本代表が2位、オーストラリアが3位で予選リーグの順位が確定。女子TOP日本代表は予選リーグ1位のアメリカと決勝で対戦。オーストラリアは予選リーグ4位のカナダと3位の座をかけ、戦うことになった。

大会最終日(8月27日/日)は、最終順位決定戦が行われ、まず予選リーグ3位のオーストラリアと予選リーグ4位のカナダが対戦しオーストラリアが勝利。この時点でオーストラリアの3位、カナダの4位が確定した。アメリカと日本との決勝は、7回まで4-1で日本が劣勢に立たされたが、その裏アリー・カルダから途中出場の6番・河野美里が二遊間を破る安打を放ち「大逆襲」の口火を切ると、7番・渥美万奈を打席に迎えると、「左打者には左投手」「右打者には右投手」を小刻みにぶつけるアメリカ得意の継投策がはじまり、左腕・ディレイニー・ゴーリーをぶつけたものの、ストレートのフォアボール。無死一・二塁となり、8番・我妻悠香を打席に迎えると今度は「右打者には右投手」をぶつけるべく、右投手のジェシカ・ムーアが登板。我妻悠香を三振に斬って取り、一死となった後、途中出場の9番・川畑瞳を打席に迎えたが、ここでは「左打者には左投手」の継投は行わず、ジェシカ・ムーアが続投。川畑瞳にピッチャー強襲安打を浴び、満塁で1番・山田恵里を打席に迎えると、今度は「左打者には左投手」の法則通り、先発の左腕・ダニエル・オトゥールが再出場。しかし、「打の現役進化形レジェンド」山田恵里の「オーラ」に恐れをなしたか、初球いきなりワイルドピッチ。三塁走者が生還し、走者が二・三塁に進塁し、一塁が空いたことで山田恵里との勝負は避け、故意四球。再び満塁とし、2番・市口侑果がレフト前にタイムリー。1点差に詰め寄り、なお一死満塁のチャンスが続いた。ここで3番・洲鎌夏子を打席に迎えると「右打者には右投手」の法則に則り、ケリー・バーンヒルを投入したが、コントロールが定まらず、押し出しの四球で同点。こうなるともう女子TOP日本代表の勢いは止まらず、最後は4番・藤田倭がホームラン性の大飛球をセンターに放ち、この打球をセンター・ヘイリー・マクレニーがフェンスに激突しながら捕球し、「日米対抗」に続くサヨナラ満塁ホームランだけは阻止したものの、三塁走者・山田恵里がゆっくりタッチアップし5-4で逆転サヨナラ勝ち。3点差をひっくり返す「神懸かり」的な大逆転劇に満員の大観衆も酔いしれ、「連覇」の喜びを分かち合った。

公益財団法人 日本ソフトボール協会 公式ページはこちら

注文住宅・分譲住宅をはじめ、安心の家づくりをご提供する住宅・ハウスメーカー 【トヨタホーム】