TOPICS 日本ソフトボール協会トピックス

第16回世界女子選手権大会代表選手・新ユニフォームを発表!!

4月16日(月)、「第16回世界女子選手権大会」に出場する「女子TOP日本代表選手」17名が正式に発表され、併せて「“毬”(mari)コレクション」と題し、「SOFT JAPAN」新ユニフォーム、並びに「オフィシャルウェア」が、東京・新宿「総合校舎モード学園 コクーンタワー」で同時発表された。

発表会冒頭、公益財団法人日本ソフトボール協会・徳田寬会長が挨拶に立ち、『第16回世界女子選手権大会』では是が非でも『世界一』の座を奪還し、そのまま2020年東京オリンピックでの金メダルまで突っ走りたいと考えています。女子TOP日本代表は、4月~11月にわたり、各所属チームで日本リーグを戦う傍ら、代表チームとして年間約150日にわたる強化合宿・海外遠征等を繰り返し、強化に励んでいます。日頃は強く凛々しい選手たちが、今日は一味違った華やかな装いで登場致します」と開会を告げると、代表選手一人ひとりがファッションモデルのようにランウェイを闊歩。最後は「決めポーズ」で会場を沸かせた。

この日発表された「SOFT JAPAN」の「新ユニフォーム及びオフィシャルウェア」は、『「GOLD again,and Over the GOLD」そのために生まれ変わるんだ。』をコンセプトに、これまでの「ソフトボール日本代表」のイメージを一新。ユニフォームには「SOFT JAPAN」のロゴマークと同じく、東京オリンピックでの「金メダル獲得」への決意を秘めた、「ゴールド」を基調としたカラーリングを採用。また、世界のソフトボールを牽引、リードする存在として、堂々としたシンプルなデザインとすることで、それを身にまとって戦う選手・チームだけでなく、観客席でそれを応援する皆さんにも普段からそれを着用していただき、グラウンドとスタンドが一体となって戦い、日本中が心を一つにしてオリンピックに臨みたいとの想いが込められている。
新しいユニフォームを身にまとった山田恵里選手は、「デザインはもちろんのこと、素材や着心地のよさ、動きやすさも考えられていて、選手がグラウンド上で最高のパフォーマンスが発揮できるよう工夫が凝らされています。このユニフォームで『世界一』を、『金メダル』を、勝ち獲りたいと思います」と力強く宣言。
また上野由岐子選手は、「この新たなユニフォームに、皆さんのたくさんの『想い』が込められていると感じています。その『想い』に応えることができるよう、チーム一丸となって『金メダル』をこの手につかみます」と決意を新たにしていた。

今回、見事に「日本代表」の座を射止めた選手たちは、その「夢の舞台」東京オリンピックへ向け、「一歩前進」したことは間違いないが、だからといって「夢の舞台」に立つことを約束されたわけではない。逆に、今回、惜しくも選から漏れた選手にもまだまだ「逆転」のチャンスは残されている。まずはそれぞれの立場で「できること」をしっかりとやり、「結果」を残すこと。それができなければ「次」はないのである。今、その場所で「全力」を尽くし、「結果」を残すこと。その積み重ねでしか「次」なるステージへの扉が開かれることはないのだ。

公益財団法人 日本ソフトボール協会 公式ページはこちら

注文住宅・分譲住宅をはじめ、安心の家づくりをご提供する住宅・ハウスメーカー 【トヨタホーム】