TOPICS 日本ソフトボール協会トピックス

いよいよ開幕!「日米対抗ソフトボール2018」

6月13日(水)、「女子TOP日本代表」が招集され、6月18日(月)までの6日間、「第1次国内強化合宿」を群馬県高崎市で実施。日本リーグでは互いに「ライバル」として対戦していた女子TOP日本代表の面々が久々に一堂に会し、6月20日(水)、東京ドームで開幕を迎える「日米対抗ソフトボール2018」(日米対抗ソフトボール2018オフィシャルサイトはこちら)、8月2日(木)~12日(日)、千葉県千葉市・成田市・習志野市・市原市で開催される「第16回 WBSC世界女子ソフトボール選手権大会 2018 千葉」(第16回 WBSC世界女子ソフトボール選手権大会 2018 千葉オフィシャルサイトはこちら)へ向けた強化合宿を行った。

「第1次国内強化合宿」では、各選手のコンディションを慎重に確認。個々の状態を見極めた上で調整・強化の練習を行い、久々に顔を合わせた選手たちが「チーム」となるための連係プレーを重点的に確認。個々の守備範囲、カットプレーに入る位置、走者の有無や得点差、試合展開に応じたポジショニング等、「チーム」としての「約束事」を入念に確認した。また、男子ソフトボールの強豪・高崎市役所の協力を得て、「日米対抗」「世界選手権」で対戦する外国人ピッチャーを想定した打ち込みも実施。男子の球威に負けないスイング、切れ味鋭い変化球への対応をテーマに、バッティング練習が繰り返された。

6月18日(月)には「第1次国内強化合宿」を打ち上げ、「日米対抗ソフトボール2018」の初戦の試合会場となる東京ドームへと移動。翌19日(火)、その東京ドームで「公式練習」を行い、人工芝の感触、ボールの弾み方、球足の速さ、照明の位置等を入念に確認。開幕初戦に備えた。「公式練習」終了後には、女子TOP日本代表・宇津木麗華ヘッドコーチ、山田恵里主将が記者会見に臨んだ。
宇津木麗華ヘッドコーチは、「チームはまだ調整段階にあり、完璧な仕上がりとはいえないが、この東京ドームでアメリカと対戦できるという貴重な機会を今後につなげていきたいと考えています。特に若い選手たちには、常に『世界の頂点』を争ってきたアメリカを相手に思い切ってぶつかり、結果を恐れず、果敢に挑んでほしいと思っています。そのすべてが『勉強』になり、『経験』につながると思いますし、とにかく思い切ったプレーを期待しています」と、若手選手への期待を語り、「東京ドームという最高の舞台で、世界のソフトボールをリードしてきた日本とアメリカが最高のプレーを見せることがソフトボールをより盛り上げていくことにつながると思いますし、その盛り上がりを今夏の千葉での世界選手権、2020年の東京オリンピックへとつなげていくことが私たちの使命だと考えています」と、今大会にかける意気込みと世界選手権、オリンピックを見据えた決意を語った。

ソフトボールの「未来」をかけた「日米対抗ソフトボール2018」がいよいよ東京ドームで開幕を迎える。第2戦は宮城県仙台市、第3戦は福島県福島市、2020東京オリンピックの「本番」の競技会場となることが決定している「福島県営あづま球場」で実施される。「日米対抗」から「世界選手権」、そして「オリンピック」へ。ソフトボールの「未来」を紡ぐために……その「大きな一歩」が東京ドームから今、踏み出されようとしている。 

公益財団法人 日本ソフトボール協会 公式ページはこちら

注文住宅・分譲住宅をはじめ、安心の家づくりをご提供する住宅・ハウスメーカー 【トヨタホーム】