あなたの家の新たな未来を安心で支えたい 大切な家の売買を、トヨタホームが安心でサポートします。

3つのメリットで支える安心 トヨタホームの不動産流通は、ひとりでも多くの方に豊かな暮らしをお届けすることを目指しています。

信頼

全国の拠点・トヨタグループが
支える売却力

全国20箇所の拠点・約2,000社の
不動産流通会社と連携し早期売却

トヨタホームは、トヨタのモノづくりの想いを受け継ぐ、トヨタグループの一員です。
全国の拠点・不動産流通会社との連携だけでなく、
トヨタグループ・関連会社社員約140万人超との繋がりを活かし、物件の紹介を行います※1※1 拠点、会社により開始時期は異なります。

付加価値

家づくりのプロが支える、
大切な家の価値

トヨタホームには、トヨタグループの技術力を活かした
家づくりで培った豊富な建物知識があります。
そんな ”家づくりのプロ” だからできる建物調査・リフォーム提案・アフターフォローで、
あなたの家の価値を高めます。

建物状況が調査できるので安心
一般的に、不動産業者は周辺地域の相場や建物の築年数から不動産価値を評価しますが、トヨタホームでは構造や現状有姿も加味して評価します。
  • ※1 建物調査は売却時・購入時にご希望された方を対象に実施いたします
  • ※2 エリア、物件によってはご対応できないケースがあります

リフォームのご提案

家づくりのプロが、
あなたの家の価値を最大限に引き出します

築年数が経過した既存住宅でも、例えば「壁紙クロスの張替え」や「最新式のキッチンや浴室にリフォーム」することで、ご入居後の満足度は大きく変わります。

夢とともに生きる家へ

BEFORE AFTER

家カフェ設備を備え、可変性にも配慮したキッチン。カフェ開業に必要なキッチンは業務用を選択しないことで住まいとしても使える仕様に。リフォームは未来を見据えることも大切。

白を基調としたスタイリッシュ・リフォーム

BEFORE AFTER

部屋を2分していた両面ハッチを取り外して、光溢れるLDKに。

アフターフォロー・補修

入居後のアフターフォロー・補修
万一リフォーム後に不具合を感じられ、ご連絡いただいた時は担当者がすぐにお伺いいたします。お客様に安心して長く快適に住んでいただくためにアフターフォロー・保証制度のさらなる充足を目指し、取り組んでまいります。
  • ※一部地域はサポートスタッフによる巡回フォローを実施しております。

リフォームの実例はトヨタホームリフォームのサイトでご覧いただけます

ローンのご提案

物件購入とリフォーム資金の一体ローン
リフォーム資金も住宅ローンと同じ金利・同じ期間で借りられるお得な一体型ローンのご提案で、物件購入費用にリフォーム費用を含めた資金計画をいたします。

納得

安心のシステムが支える、
早期売却・適正な査定

最適な売却先をご提案

買取り制度 全国の拠点・不動産会社 トヨタグループ・関連会社社員

全国の拠点・トヨタグループが支える売却力、適正価値での査定に加え、更に早期売却をご希望の方には「買取り制度」がございます。転勤や買換えなどで「お急ぎの方」の他、ご近所や会社の方などに「なるべく知られずに売却したい方」、または個人間取引によって発生する室内の内覧や、売却後の瑕疵担保責任などが面倒と感じる方にも安心の制度です。なお仲介手数料は不要です。※ 地域や物件によりご利用できない場合がございます。
  買取り額は査定価格とは異なります。

トヨタホームの物件にお住まいの方へ

売って「納得」、買って「安心」スムストック対象の物件なら
「売る」も「買う」も安心です。

トヨタホームの長期にわたって住み続けられる住宅品質・保証制度により、スムストックの物件は30年後でも建物の価値が適正に評価されます。

長く住むことのできる住まいは、ご購入時の安心にもつながります。

詳しくはこちら

  • 売りたい方 無料査定・売却のご相談 不動産流通のプロがサポートいたします
  • 買いたい方 物件を探す リフォーム・アフターフォローで安心の住まいを

不動産ご売却時の流れ

物件調査・査定
概算をスピーディにお知りになりたい場合の「簡易査定」、現地はもとより法務局など関係各庁での徹底調査を行う「本査定」をお選び頂けます。
調査結果をふまえて、流通状況や近隣事例、販売実績等の豊富なデータを基に、 お客様の物件の現時点での売却査定価格を算出いたします。
査定のお申し込みはこちらから
販売価格決定・
媒介仲介契約締結
お客様のご希望をふまえ、査定価格を参考に納得のいく販売価格を決定して頂きます。
販売価格の決定後、諸条件を確認のうえ、売却の為の不動産媒介契約を締結して頂きます。
販売・広告活動
住宅情報サイトや当社ホームページなどの広告媒体を利用し、折込みチラシやオープンハウスの実施など積極的な販促活動を行います。 もちろん、お客様が入居中での販売も問題なく行いますので安心してお任せください。
物件のご案内・
交渉
反響を頂いたお客様をご案内させて頂きます。ご入居中のお客様にもご迷惑のないよう、当社が責任をもってサポートさせて頂きます。
ご契約成立
お客様と買主様の条件が揃った段階で、契約を行います。この際、お客様には買主様から手付金が支払われます。契約締結後、お客様には速やかに物件引渡しの準備を行って頂きます。
決済・お引渡し
買主様からの残金支払いと、お客様の物件引渡しは司法書士立ち会いのもと同時に行います。抵当権の抹消や所有権移転登記などの法的な手続きも、最後まで安心してお任せください。

売りたい方 無料査定・売却のご相談 不動産流通のプロがサポートいたします

不動産ご購入時の流れ

物件を探す
ご要望(物件の種類、地域、広さ・間取りなど)やご予算などをお聞きし、条件に合う不動産情報をご紹介いたします。ご自宅でも当社サイトなどから物件探しが可能です。
物件探しはこちらから
現地見学・
相談する
ご入居中の物件の場合は、営業担当者が日時調整のうえご案内いたします。建物の工法や設備の仕様などもご説明いたします。また、ご要望をお聞きし、後日ご予算に合わせたリフォーム提案をいたします。
購入契約
物件が決まったら、売主様に購入申込みを行います。営業担当者にて売主様と契約条件などを調整し、重要事項説明の後、売買契約を締結します。この際に売主様に手付金をお支払いいたします。
ローン契約
事前に、物件購入費用やリフォーム費用の他、諸費用(登記費用や保険など)、各種手数料を含めた資金計画と住宅ローンの種類をご説明し、住宅ローンのお申込手続きから返済開始以降の税金の申告等もサポートいたします。
引渡し
売主様への残金の支払い手続き(住宅ローンなど)や司法書士立会いによる所有権の移転登記の手続きなどをサポートいたします。

買いたい方 物件を探す リフォーム・アフターフォローで安心の住まいを

よくあるご質問

査定

査定には費用がかかりますか?
査定は無料です。また、媒介契約(売却依頼)に至らない場合でも一切不要です。
査定時に準備するものはありますか?
土地や建物に関する書類(図面や各種申請書類、登記済証や登記識別情報など)があればご準備ください。無い場合でも査定金額には影響しません。
複数の不動産業者に査定を依頼しても良いですか?
問題ありません。また、査定金額は依頼した不動産業者ごとに差異が生じることがありますが、売却金額を保証するものではありません。

売却依頼

媒介契約(売却依頼)は複数の不動産業者に依頼しても良いですか?
媒介契約の種別により複数の不動産業者に依頼できる契約(一般媒介契約)と出来ない契約(専属専任または専任媒介契約)があります。複数の購入検討者がいた場合、一般媒介契約では、お客様自身が舵取りをする必要がございます。
また、専属専任または専任媒介契約の場合でも指定流通機構(宅建業者間で情報交換するシステム)に登録することが法律で義務化されておりますので情報の展開はされます。
媒介契約(売却依頼)に費用はかかりますか?
媒介契約締結時点(売却依頼時)では費用はかかりません。成功報酬ですので、売買契約の成立をもって仲介手数料(法律により上限額が決まっています)が発生します。また、仲介手数料以外に売買契約貼付の印紙や登記に関わる費用等が必要です。なお、成約に至らず媒介契約を終了させる場合、費用は不要です。但し、境界の確定や登記簿上の所有者が異なる場合の所有権移転登記など、成約前に費用が発生する場合があります。
売却代金はいつ貰えますか?
契約時に10%程度、引渡し時に残金が一般的です。
なお、譲渡益(譲渡所得)が生じた場合は納税(所得税・住民税)が発生しますので予め把握しておく必要がございます。

購入

物件価格以外に必要な費用は何ですか?
仲介手数料(法律により上限額が決まっています)の他、契約書に貼付する印紙、登記に関わる税金や手数料、不動産取得税や住宅ローンに関する諸費用(事務手数料・保証料・保険料等)が必要です。
更にリフォーム費用が必要な場合もございます。
入居後に不具合が発生した場合はどうすれば良いですか?
売主が個人の為、新築のような保証はありませんが、重大な不具合(雨漏りや構造体の瑕疵など)は一定期間内であれば売主に請求できる場合がありますので仲介不動産業者へご相談ください。
入居後に不満が発生しないような物件の選び方は無いですか?
既存住宅は築年数や設備の仕様が様々です。そのため、新築時の建築業者が今も存在しており、できればアフターサービスも引継げる物件が好ましいです。建築業者が存在していなくても「建物状況調査(インスペクション)」を実施し修繕すべき箇所等、予めリフォームを行なう事をお勧めします。
そのため、物件選びでは地域性(交通の利便性・生活環境など)の他に、予算計画として築年数や設備の仕様に応じた「リフォーム費用を見込んだ総額」での検討をお勧めします。

売りたい方 無料査定・売却のご相談 不動産流通のプロがサポートいたします

PAGETOP