【共通メニューを飛ばして本文へ】

LQだからこそ、家づくりが楽しめました。

家づくりって決めることが多く、大変だと思ってました。しかしLQはベースプランがしっかりしており、そこに自分たちのアレンジを加えていきます。つくり込む楽しさが味わえ、結果的に満足できる家をつくることができました。

(滋賀県近江市 U様)

今回ご紹介するLQの間取り

今と将来を考えた間取り

夫婦二人だからこそ、リビングダイニングを広くとって、生活を楽しめるスペースを確保。
また将来、子どもができたときに備えて、子ども部屋にする予定の部屋をつくりました。

  • ■1階床面積 : 59.30m2
  • ■2階床面積 : 57.50m2
  • ■延床面積 : 116.80m2
  • ■敷地面積:292.00m2
LQに決めた理由はなんでしょうか?
LQなら、私たちの理想的な家づくりができると思いました。

LQとの出会いは何気なく足を運んだ展示場での見学からでした。そこで藤原さん(営業スタッフ)に出会ったのですが、私たちの家づくりに対する思いを話したらとても共感してくださって、「LQなら、私たちの希望が実現できる」とすすめてもらいました。

トヨタホームの品質を保ちながら、ベースプランをもとに自分たちがアレンジする、というLQのコンセプトがとても気に入りました。トヨタホームの顧客の声を集めて、“良いとこ取り”をしたのがLQ、といった印象です。私たちは細かい仕様やインテリアなどから生まれる暮らし方にもこだわりたいと思っていましたから、多くの方の意見が集約されている商品であれば、“自分たちらしい暮らし”を考えることに時間をかけられると感じました。

白で統一され、南に大きく開放されたお住まいです

玄関は収納もたっぷり

2階のバルコニー

家づくりでこだわったポイントは?
インテリアのカラーは、プランからすぐに気に入ったものが見つかったので、家具選びにじっくり時間をかけてこだわりました。

私たちが家づくりで1番こだわったのは外観・インテリアのカラーです。何度か展示場に足を運んで、実際の色を見ながら決めました。
通常の商品の場合、カラーが豊富すぎて悩むのですが、LQの場合はプロのおすすめのインテリアのカラーが決められていたので迷うことがなく、その分、家具を選ぶ時間を多く取ることができました。
迷う時間よりも、決めることを楽しめる時間が多いのは、LQだからこその特徴だと思います。

一体感を大切にしたリビング。ソファに座れば優雅な気持ちになれるとか

空間については、リビングとダイニングの一体感が良いですね。リビングとダイニングの間に壁を設けなかったことで、広く感じるスペースができあがりました。また、窓がとても大きく採光が良いため、夕方まで電気をつける必要がありません。最も長い時間を過ごす場所ですし、この窓を広くとれる設計が、LQに魅力を感じた点でもあります。

間取りは将来を見据えて考えました。

最初から気に入っていた、カウンタータイプのキッチン

扉のないウォークインクローゼットは、藤原さんのアイディアです

キッチンは3タイプありましたが、最初からカウンターキッチンのタイプが気に入っていました。対面型にしたことで全体が広く感じますし、カウンターを用いることで食材や食器を置くスペースも確保できます。一人が洗い物をしている時にもう一人が料理していても余裕がありますから、二人で準備することがスムーズになりましたね。

また2階は、あえてベースプランとは違う間取りにしました。
ひと部屋として空間を広く使ってもよかったのですが、将来を見据えて、初めから二人分の子ども部屋を準備しておこうと、子ども部屋と廊下を設けました。
後から廊下をなくし、洋室だけにリフォームすることもできます。
このように間取りがアレンジできることも魅力でした。

そして、寝室のウォークインクローゼットに扉をつけないというアイデアは、色々アレンジできていいかなと思っています。一般的なのは寝室から独立してウォークインクローゼットを設ける方法だと思いますが、現在の形の方が、空間の広さを感じられますし、これから物が増えていっても形を変えながら収納できるので便利だと思ったからです。

完成後、暮らしてみていかがですか?
庭にデッキが造れたため、友達を呼んでバーベキューもできて、暮らす楽しみが広がりました。

自分たちなりのアレンジが思ったよりできたことで、暮らしを楽しめているように感じます。例えば庭のデッキについては、モデルハウスで見たものより広めにつくり、設置の向きも調整しました。普段テーブルを置いたりできるし、友達を呼んでバーベキューなどもできるアウトドアリビングがつくれたので楽しみが広がりますね。

LQなら家自体の品質を保ちながら比較的安く建てられるので、暮らしを楽しむ”プラスα”の部分を充実させることができました。

私たちの家づくりは、営業スタッフの藤原さんとフィーリングがマッチしたところから始まりました。その後、「トヨタホーム」や「LQ」について説明してもらい、更に共感するようになったのです。そしてLQの実物を見学して生活のイメージをふくらませて、具体的にどうするか決めていった感じですね。

コストを抑えるだけなら建売という選択肢もありますが、それでは間取りや建物の品質に気に入らない点があっても妥協する部分があるかもしれません。
その点LQなら、間取りや色を自分の好きなように選ぶことができます。家自体の品質を保ちながらリーズナブルに建てられれば、当然ながら、プラスαの部分にお金を使うことができます。LQは、そういう考え方ができる商品でした。

これから家づくりをする方には、家づくりの予算を考える際、家そのものと、暮らしを楽しむためのテラスやインテリアなど、“プラスα”の予算を考えることをおすすめします。

品質がよくてコストパフォーマンスがよいLQは本当に私たちにピッタリの商品でした。

広々としたリビングでゆったりくつろぐU様ご夫妻。テレビの上の壁もこだわって決められました

カウンターには植物を飾って、空間に彩りを

こだわりの壁

営業スタッフより

「建てていただいてありがとうございます」という気持ちが一番大きいですね。打ち合わせや提案は、楽しみながらやりました。今、住んでもらって満足していただけるのが一番の喜びです。
引渡しの時よりも、その後の方が、私自身も喜びを感じます。3ヶ月とか半年ぐらい経つと、お客様がどんな暮らしをしているかがわかるので、その時が楽しみですね。

トヨタホーム近畿 藤原さん

LQをもっと知りたい!

見たい!体感してみたい方はこちら

Live LQ! 実際に見て聞いて体感しよう!

まずはカタログで確認したい方はこちら

カタログ&プラン集セットでプレゼント

↑PAGE TOP