Drawer Menu

耐震性能

GOOD DESIGN

「シンセ・シリーズ」鉄骨ラーメンユニット構造受賞

トヨタホームの選択
「耐震+制震」

大地震に強い耐震構造体に、
さらに安心をプラスする、
それがトヨタホームの選択です

  • 耐震
  • 耐震+制震
  • ※実際の変形幅は1.7cm程度です。
    震度6以上の地震波の場合の平均値
  • 震度6以上の地震波の場合の平均値
    ※T4は商品プランにより設置できない場合があります。

制震は耐震の強さと相まって、建物の変形をさらに制する働きがあります。トヨタホームは、制震装置「T4システム」を強靭な構造体「パワースケルトン」に組み合わせることにより、地震時の軽微な内外装の損傷をより低減させることに成功しまた。

+ 詳しく見る

POINT1

マスコミ、有識者に実証実験を公開
大地震後も住み続けられる
確かな耐震性

  加振回数
耐震 35
耐震+制震 55
90
震度6以上 17

兵庫県南部地震(震度7)や、軟弱地盤を想定した予測東海地震(震度7)などのデータを忠実に再現し、余震を想定して計90回におよび加振を行いました。うち17回は数百年に一度の大地震(震度6以上)の揺れを再現しましたが、構造体の損傷は一切なく、大地震の後でも安心して住み続けられる耐震性能が実証されました。

+ 詳しく見る

POINT2

トヨタホームは標準仕様で
「耐震等級3※1

基準を大きくクリアしている「等級3」
  • 耐震強度はプラン・仕様により異なります。
  • 建築基準法で求められている基準強度。(数百年に一度発生する地震にも倒壊しない。)
  • 建築基準法耐震強度の基準強度を1とした場合の強度倍率を計算したものです。

強靭な構造体「パワースケルトン」を採用するトヨタホームの家は、国が定めた住宅性能表示制度の最高ランク「等級3」の基準値を大きくクリアしています。

※プランや仕様により強度が異なる場合があります。

+ 詳しく見る

POINT3

地震の揺れをオイルが吸収する
トヨタ独自の「T4システム

T4耐震システム

※商品・プランにより設置できない場合がございます。

自動車に用いられるショックアブソーバーを発想の原点に地震エネルギーを回転運動に変え、そのエネルギーをオイルが吸収して建物の変形量を約20%~70%軽減します。

※変形量の低減幅や被害は、地震波やプラン等によって異なります。

+ 詳しく見る

LONG!STRONG!TOYOTAHOME 強さのヒミツ大公開!
  • トヨタホームのゼロエネルギーハウス ZEH。(ゼッチ)
  • 心地いいをかしこく、おトクに。スマート・エアーズ
  • トヨタグループの技術力
  • TASP 心身ともにアクティブに暮らせる住まいのご提案
  • /espacio/
  • グッドデザイン賞受賞
  • エスパシオ マルチ天井高システム
  • 賢美健寿Labは、トヨタグループのテクノロジーを結集し、開発を行う次世代住宅研究施設です。週末のみ一般の皆さま向けの見学ツアーを行っています。
無料 トヨタホームのテクノロジーカタログをもらう

Sitemap

カタログ請求

Drawer Menu