トヨタホームの木の家は、
空間に自由を、生活に安心を生む。

トヨタホームは、考えました。
日本の住宅をもっと住みやすく、良くするためには、
住まう方に永く愛される住空間をつくっていくためには、
どうするべきなのか。
遠い昔の頃から、人には木の家に住んできたという文化があります。
木の家には深い安らぎや寛ぎを誘う、性質や機能性があります。
そこにトヨタホームならではの生産技術を取り入れることで、
誰もがもっと暮らしやすい住まいを描きたいと考えたのです。
高品質な木材の厳選にもこだわりました。

※ image photo

トヨタホームが、
つくりたかった「木の家」。

これまで40年以上に渡り住まいをお届けする中で、
一棟一棟の品質や空間づくりにこだわりを尽くしてきました。
住まいに対して、多様なニーズを求められる今、
木の住まいだからこそ実現できる、より素敵な
ライフスタイルをご提案したいと思います。

MOKUAの特長イメージ
MOKUAの特長イメージ MOKUAの特長イメージ

厳選された木材とトヨタの技術力。
そこに込めた、モノづくりへの想い。

これまでトヨタグループが培ってきたトヨタ生産方式を
MOKUA−モクア−」の住まいづくりにも役立てています。
すべてのお住まい1棟1棟が、高性能品質になるように。
また、確かな安全・安心・快適のために、
優れた耐震性と高断熱性」を併せ持つ、
2×4構造を採用することも特長のひとつです。

最高ランクの
木材を中心に使用。

最高ランクの木材を中心に使用。

材料グレードにはエコノミーからJ-GRADEまでの5段階があります。トヨタホームでは、最高ランクの「J-GRADE材」を中心に使用。高品質と高性能を提供するために、品質・生産をコントロールする、トヨタホームのこだわりです。

高性能ハイブリッド
2×4工法

高性能ハイブリッド2×4工法

主要構造は、エンジニアリングウッド(EW)と製材のハイブリッド(複合)構造。構造体は六面の面構造となりますので、耐震性に大変優れています。また、接合に用いる釘や補強金物の種類、寸法、間隔などが細かく規定されており、お客様に安定した品質の住宅を提供することが可能です。

MOKUAイメージ

癒やしとぬくもりのある、
自然の恵みの中に住むこと。

自然の中で過ごすと、ふと心が癒やされるように。
木の家に住むということは、それに似た健やかな時間を味わえます。
優しい木のぬくもりを感じられるだけでなく、
高い断熱性能や、高い気密性能があり、
寒暖の大きい日本で暮らすには、実はとても適しているのです。
さぁ、木とともにある、心地のいい素敵な暮らしへ。

実際のMOKUAをぜひ現地でご覧ください。

空樹の邸イメージ