MOKUA-J モクア トヨタホームの木の家

MENU

カタログ請求

木の温もりと
確かな
技術力で
心地よい暮らしを

QUALITY 特徴

TECHNOLOGY テクノロジー

大地震の揺れに耐える、強固なトヨタホーム・メタルジョイント工法のイメージ

01

大地震の揺れに耐える、強固なトヨタホーム・メタルジョイント工法

構造用合板を用いて外壁、床、屋根部に強固な“面”を構成し、バランスよく耐力壁を配置。接合部にはメタルジョイントを採用した、地震などの力が接合部に集中しない一体構造です。その強固な構造体を実現するため、一邸一邸しっかりと構造を確認しています。筋かいのみの建物と比べてプラスαの強度をもっており、建物全体ですぐれた耐震性能を発揮します。

従来の木造軸組工法に比べて、約1.7倍の接合部強度のイメージ

02

従来の木造軸組工法に比べて、約1.7倍の接合部強度

従来の木造軸組工法は、柱や梁などの接合部分に大きな断面欠損が発生し、強度が弱くなる懸念がありました。OKUA-Jでは、主要構造部に接合金物とドリフトピンで高精度に緊結するメタルジョイントを採用。わずかな断面欠損で接合できるため、従来工法の弱点を克服できます。接合部の強度比較では、一般の木造軸組工法に対して平均約1.7倍※1という高い強度を計測しました。
※1 実験・データ提供:(株)タツミ

構造用集成材は、一本一本の強度・品質が安定のイメージ

03

構造用集成材は、一本一本の強度・品質が安定

木材は時間が経つと、徐々に乾燥して収縮し、反りやくるいが発生します。構造用集成材は、製造段階で基準の含水率までしっかりと乾燥させるため、割れや反り、カビの発生の可能性が少なくなり、強度も増加。木表と木裏※1を組み合わせることで、さらにくるいに強くなります。約1週間の強制機械乾燥試験を実施しても、集成材には大きな変形が見られませんでした。また、一本一本の強度や寸法が安定しているため、正確な構造計算が可能となります。
※1 木の表側(樹皮に近い方の面)と、木の裏側(中心に近い方の面)。

外周部は“面”の力を加えた、最大6.5倍相当の強い耐力壁のイメージ

04

外周部は“面”の力を加えた、最大6.5倍相当の強い耐力壁

住まいの強度を確認する目安のひとつに、耐力壁の強さがあります。強度は壁倍率※1で表され、高ければ高いほど強度がすぐれていることを示します。MOKUA-Jでは、シングル筋かいと構造用合板を合わせると壁倍率4.5倍。ダブル筋かい+構造用合板で、最大6.5倍相当とすることも可能です。必要な耐力壁を最適なバランスで配置することで、確かな強度を確保した住まいを実現できます。
※1 基準の耐力壁に対して何倍の耐力があると判断された数値。壁倍率1.0は幅1m当たり1.96kN(200kgf)の力を加えた際に変形角が1/120以内に収まる剛性を指す。壁倍率の実験・データ提供:ミサワホーム(株)

PLAN プラン

PLAN 1

35SE(W)-1

1階床面積/63.54㎡
2階床面積/54.85㎡
延床面積/118.39㎡(35.81坪)

PLAN 1の間取り図

PLAN 2

35SE(W)-2

間取り図

1階床面積/62.52㎡
2階床面積/53.41㎡
延床面積/115.93㎡(35.06坪)

PLAN 2の外観

PLAN 3

29SW(E)-1

間取り図

1階床面積/50.92㎡
2階床面積/46.58㎡
延床面積/97.50㎡(29.49坪)

PLAN 3の外観

PLAN 4

30W(E)S-1

間取り図

1階床面積/50.51㎡
2階床面積/50.51㎡
延床面積/101.02㎡(30.55坪)

PLAN 4の外観

PLAN 5

30W(E)N-1

間取り図

1階床面積/50.51㎡
2階床面積/50.51㎡
延床面積/101.02㎡(30.55坪)

PLAN 5の外観

PLAN 6

29NW(E)-1

間取り図

1階床面積/50.10㎡
2階床面積/46.37㎡
延床面積/96.47㎡(29.18坪)

PLAN 6の外観

PLAN 7

32W(E)S-1

間取り図

1階床面積/62.10㎡
2階床面積/44.71㎡
延床面積/106.81㎡(32.31坪)

PLAN 7の外観

PLAN 8

34NW(E)-1

間取り図

1階床面積/61.68㎡
2階床面積/51.75㎡
延床面積/113.43㎡(34.31坪)

PLAN 8の外観

PLAN 9

32SW(E)-1

間取り図

1階床面積/62.93㎡
2階床面積/48.02㎡
延床面積/110.95㎡(33.56坪)

PLAN 9の外観

GUARANTEE 保証

トヨタホームの生涯サポート
《アトリスプランM》

「長く住める家」をお届けするため、あらゆる面で品質を追求するトヨタホームの家づくり。
トヨタホームの木の家には次の世代まで続く「30年長期保証制度」がついています。

ATOLIS PLAN M 住まいがある限り続く生涯点検 安心して永く暮らせる30年長期保証 毎日の暮らしを支えるライフサポート MOKUA-Jはスムストック対象商品です。

ATOLIS(アトリス)の名称は、“ALL TOYOTAHOME LIFE SUPPORT”の頭文字を綴ったもので、「ずっと住み継がれていく、そんな住まいをごいっしょに」という想いから生まれたプランです。

30年長期保証制度の内容

  1. 1.基礎 最長保証期間30年(初期保証10年)
  2. 2.構造体 最長保証期間30年(初期保証10年)
  3. 3.壁 最長保証期間30年(初期保証10年)
  4. 4.床 最長保証期間30年(初期保証10年)
  5. 5.屋根 最長保証期間30年(初期保証10年)
  6. 6.雨水の侵入防止部分 最長保証期間30年(初期保証10年)
  7. 7.虫害(シロアリ) 最長保証期間30年(初期保証10年)
  8. 8.付帯設備 最長保証期間5年(初期保証10年)

生涯点検の実施時期

15年目まで定期的に実施 無料点検 住まいがある限りずっと安心の生涯点検(5年ごと) 15年目まで定期的に実施 無料点検 住まいがある限りずっと安心の生涯点検(5年ごと)

  • この保証制度は、トヨタホームMOKUA-Jをご購入の「アトリスプランM30年長期保証制度」対象のお客様のみのサービスとなります。
  • 「最長保証期間30年」につきましては、初期保証期間10年と保証延長20年を合算した保証期間です。
  • 保証の延長については、当社のメンテナンスプログラム仕様に従った維持・管理が必要となります(付帯設備については、定期的なメンテナンス対象部材ではありません)。
  • 保証期間終了以降、または初期保証以降、保証延長を希望されない場合、以降の点検は有料となります。
  • 保証期間については、アトリスプランM30年長期保証制度 木質住宅「保証規準」をご参照ください。
  • 当該点検費用は、地域により異なる場合があります。
ロード中