ロード中

LONG! STRONG! TOYOTAHOME

GOOD DESIGN AWARD 2015年度受賞

業界トップクラスの125ミリ角の鉄骨

動画を見る
スライドを開く

18.2トン(178.4KN)の重さにもびくともしない。
太くて強い鉄の柱が家を支えている。

  • 構造体についての写真01
    トヨタホームの家を支える強靭な柱。その太さは業界トップクラスの125mm角で、18.2トンの重さに耐えうる178.4KNの強度を誇ります。100mm角の鉄骨の柱の強度が9.4トン(92.2kN)ですから、わずか25ミリの違いで約2倍の強さが生まれます。さらに同等の太さの木材(ヒノキ)と比較した場合の、強度は約4.3倍。
  • 構造体についての写真02
    18.2トンという重さはクルマで例えるなら約13台※をのせても、びくともしません。 このように強靭な鉄という素材へのこだわりが、家族を守る強さにつながります。
    ※2012年式Gタイプ1台1.35トン換算
    ※1kN = 0.102tf
    ※kN(キロニュートン)は力・重力を表す単位で、この場合数値が大きい程、強度が高いことを表しています。
スライドを閉じる
スライドを閉じる

制作協力:新日鐵住金・丸杉

鉄を分子レベルでつなぐ溶接「剛接合」を実現

動画を見る
スライドを開く

単体でも強い柱と梁を、「つなぐ」技術でさらに強く。
この「つなぐ」技術力が、長く変わらない強さを支える。

  • 溶接技術についての写真01
    どんなに強い柱や梁でつくった骨組みも、そのつなぎ目の接合部が外力により変形すると、骨組みも壊れてしまいます。トヨタホームでは柱と梁を強固に固定する「剛接合」を採用。鉄を分子レベルまで溶け合わせて接合する溶接によって、ユニット全体を一体化させ、耐震性の高いユニットラーメン構造をつくり上げます。
  • 溶接技術についての写真02
    さらに、変形防止プレート(ダイアフラム)で接合部を強化。外部から約9.6トンの力にも耐えられる強度になります。
    クルマを含めて鉄と向き合い続けてきたトヨタならではの確かな溶接品質が、接合部の強度、住まいの安全を支えています。
    ※1kN = 0.102tf
    ※kN(キロニュートン)は力・重力を表す単位で、この場合数値が大きい程、強度が高いことを表しています。
スライドを閉じる
スライドを閉じる

劣化対策等級3耐用年数117年の品質

動画を見る
スライドを開く

鉄の耐久性を維持する上でかかせない「錆対策」。
より高耐久化を実現する「カチオン電着塗装」を初めて住宅に採用。

  • 錆対策についての写真01

    鉄の劣化の原因となる錆は、柱の傷や防錆塗装のムラなどわずかな隙を狙って発生します。その錆対応として、トヨタホームでは「リン酸亜鉛皮膜」と「カチオン電着塗装」の2重の防錆処理を実施。

    その方法は、塗料の入った電着槽に鉄骨を丸ごと浸し、耐久性の高い樹脂塗料を電着させることで鉄骨の表面をムラなく強固に保護します。

  • 錆対策についての写真02
    特に湿気が多い1階床下の鉄骨には、より性能の高い防錆処理を実施します。溶融亜鉛、アルミニウム、マグネシウムの合金メッキを施した「高耐久メッキ鋼板」の上に2重の防錆処理を施すことで、より高い防錆性能を実現。また60年を想定した実験でも鉄骨に赤錆の発生なく、耐用年数を定量化する計算式では100年相当の耐久性を確認しています。
    ※ 住まい方、立地条件により耐用年数は異なります。
スライドを閉じる
スライドを閉じる

震度7以上17回トータル90回の実験を公開

動画を見る
スライドを開く

マスコミ、有識者に実証実験を公開。
大地震後も住み続けられる確かな耐震性。

  • 確かな取り組みについての写真01
    実験では、実物大の建物を設置し、補強を一切せず、家具を配置するなど、あくまで実際の生活に近い住まいを再現。数百年に一度の大地震(震度6以上)の揺れを再現しましたが、構造体の損傷は一切なく、大地震後でも安心して住める耐震性能を証明しています。
  • 確かな取り組みについての写真02
    トヨタホームの耐震性は国の定めた住宅性能表示制度において最高ランクの「等級3」に該当します。数百年に一度の確率で発生する大震災の1.5倍の地震力でも倒壊しない耐震性能を示すこの等級は、災害時の活動拠点となる消防署などと同等の強さを証明するものです。
    ※ 商品・プランにより異なる場合があります。
スライドを閉じる
スライドを閉じる

「トヨタ・クオリティ」で実現「60年長期保証」

スライドを開く

トヨタホームは60年長期保証

構造体だけでなく、建物自体の高い基本性能を高く保てるよう、独自の保証・アフターシステムを構築。

構造体

傾斜、ひび割れ、欠損、腐食、破断、変形・たわみの著しいものに対して保証します。

基礎

不同沈下、ひび割れ、欠損の著しいものに対して保証します。

屋根

変形・たわみの著しいものに対して保証します。

床

傾斜、破断、変形・たわみ、振動の著しいものに対して保証します。

外壁

傾斜、ひび割れ、欠損、破断の著しいものに対して保証します。

雨水の浸入防止部分

屋内への雨漏り、雨漏りによる室内部材の汚損、仕上材のはがれの著しいものに対して保証します。

[長期保証について]

  • ※この保証制度は、トヨタホームシンセシリーズ・LQ・エスパシオシリーズご購入の「アトリスプラン60年長期保証制度」対象のお客様のみのサービスとなります。
  • ※「初期保証30年」の保証期間につきましては、最初の20年は法定の瑕疵担保責任期間を含みますが、その後の10年は、当社保証書に基づくアフターサービス期間になります。
  • ※保証の延長には、ご契約されたトヨタホーム販売店が実施する定期的な点検と適切なメンテナンス・補修が必要となります。(付帯設備については、定期的なメンテナンス対象部材ではありません。)
  • ※保証期間や内容の詳細については、販売店スタッフまでお問い合わせください。
  • なぜ60年長期保証が必要なの?
  • 60年長期保証とは?
スライドを閉じる
スライドを閉じる
Copyright (C) 2016 TOYOTAHOME Inc. All rights reserved..