トヨタホーム 人生をごいっしょに。

家づくりの知識 平屋が静かなブーム・その魅力とメリット・デメリットとは

家づくりの知識

平屋が静かなブーム・その魅力とメリット・デメリットとは

- INDEX -

近年、最新のデザインを取り入れた平屋が登場し、年齢を問わず平屋に注目する人が増えています。今回は、なぜ平屋がブームになっているのか、その魅力とメリット・デメリットについてご紹介します。

人気の“平屋”とは

平屋とは、すべての空間がワンフロアに納まっている建物を指します。
平屋というと、「昔ながらの家屋」「広々とした敷地にある贅沢な住まい」「終の棲家」などのイメージがあるかもしれません。しかし、最近はデザインや間取りにこだわった平屋や、平屋のデメリットを解消したプランが増えており、年齢を問わず、あえて平屋を選ぶ人が増えています。

平屋で暮らすメリット

平屋には、大きく分けて5つのメリットがあります。

生活動線がシンプルで、理想の間取りを実現しやすい

平屋は平行移動だけで生活できるため、たとえば洗濯や掃除、片付けなどの家事動線では、2階建てのような上下移動が不要で、効率的な生活動線を実現しやすくなります。また、2階建て以上の建物のように、上階からの荷重による制限を受けないため、希望の間取りを実現しやすいのもポイントです。

バリアフリーで暮らしやすい

縦方向の移動をすることなく暮らせるため、高齢になっても身体への負担を最小限に抑えることができます。また、2階建ての場合、高齢になると2階を使わなくなるケースがありますが、平屋ならそうした心配もありません。

子育て世代も安心して暮らせる

平屋は動線がシンプルなので、家事の最中も子どもの様子を確認しやすくなります。また、家族と顔を合わせる機会が増え、お互いの様子がよく分かり、コミュニケーションを取りやすいというメリットもあります。

構造体が安定している

平屋は1階部分に2階の荷重がかからないため、構造体が安定しており、2階建て以上の建物より「地震による揺れが少ない」「台風にも強い」といったメリットがあります。

メンテナンス費用を抑えやすい

家は長く住み続けているとさまざまなメンテナンスが必要になりますが、平屋は大がかりな足場を組まなくても、外壁の塗装や屋根の修理をすることができます。また、給排水管の点検・修繕が必要な場合でも、1階のみの作業で済むため、メンテナンス費用を抑えることができます。

平屋に住むデメリット

さまざまなメリットがある平屋ですが、次のようなデメリットもあります。

広い敷地が必要になることがある

土地には建ぺい率が定められているのが一般的で、たとえば「建ぺい率50%」の場合、土地の半分までしか家を建てられません。そのため、リビングや収納など、居住スペースを広く取ろうとすると、それなりの広さの敷地が必要になる場合があります。
※建ぺい率…敷地面積のうち、建物の建築面積が占める割合のこと

日当たりが悪くなるケースがある

平屋は高さが低いため、周辺の環境や間取り、部屋数などによって、日当たりが悪くなることがあります。

防犯面の配慮が必要になる

平屋は一階部分の出入り口が増えるため、防犯を意識した家づくりが必要になります。

プライバシーの確保が難しい

平屋は隣の家や道路などからの視線が届きやすく、建物の配置や間取り、窓の大きさなどを工夫しないと、プライバシーを守りにくくなります。

水害が懸念される場合は注意

平屋は2階がないため、水害などが発生した際に上方向に逃げることができません。土地が周辺より低いときや、川や海などが近い場合には、水害リスクを考慮した家づくりが必要になります。

平屋でも工夫次第でデメリットを回避した家づくりができる

平屋にはデメリットもありますが、間取りや配置を工夫することで、デメリットを回避した家づくりができます。具体的なケースを見てみましょう。

コの字型の間取りにして中庭を敷地の中心に配置する

建物をコの字型にして敷地の中心部に中庭を作るように配置すると、道路から家の様子が見えにくくなります。また、解放部の方向を工夫すると、日当たりや風通しのいい住まいになります。

L字型の間取りにしてプライバシーを守る

道路から家の様子が見えにくくなるように、建物を敷地の道路側に配置し、その内側に庭を設けます。建物が細長くなると生活動線が長くなってしまいますが、玄関を家の中心に設置するなど工夫すると暮らしやすくなります。

タテの空間をうまく活用する

天井を高く設計して、屋根の下にあたる小屋裏を活用すると、開放感のある住まいになります。小屋裏部分を収納スペースに活用したり、建物の大きさを広げることなくスキップフロアをつくって収納スペースを増やしたりするなど、ちょっとした工夫で空間を有効に活用できます。

【まとめ】

最近はデザインや間取りにこだわった平屋や、デメリットを解消したプランが登場し、平屋の魅力が増しています。年齢を気にすることなく、長く快適に住み続けることができるので、家づくりの際には、平屋も選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。検討する際には、平屋のメリットとデメリットを理解したうえで、希望する間取りやライフスタイルが実現できるかチェックしてみましょう。

RELATED

関連記事