トヨタホーム人生をご一緒に

「令和3年度住宅支援制度」はここに注目 住まいづくりに活かしたい支援がさらに充実

政府は、経済対策の一つとして、住宅取得支援を打ち出しました。昨年度まで施行されていた減税措置などの拡充や延長をはじめ、新たなポイント制度の新設も予定されています。充実した支援策を住まいづくりに活かすためにも、まずは4つの優遇制度についてご確認ください。

減税特例措置の1年延長 住宅ローン控除は13年間

住宅ローン控除期間13年の特例措置が延長。注文住宅の場合、2021年9月末までのご契約、かつ2022年12月末でのご入居が条件になります。

住まい給付金も1年延長 すまい給付金を最大50万円

収入額に応じて定められた給付金を受け取ることが可能な制度です。2022年12月末までにご入居されたお客様が対象になります。

贈与税の優遇も1年延長 非課税枠は最大1,500万円

住宅資金の贈与を受けた場合、上限1,500万円まで非課税となる優遇制度が継続されました。 2021年12月末までにご契約いただければ適用されます。

新ポイント制度もスタート グリーン住宅ポイントを最大40万円相当(新築の場合)

高い省エネ性能を有する住宅取得者などを対象にした新ポイント制度を創設。ポイントは、追加工事や商品と交換が可能です。2021年10月末までにご契約いただいたお客様が対象になります。

優遇制度の期限に
注意しましょう

詳しい資料をご用意していますので、
まずはご覧ください。

資料のご請求は
こちら

その他、家づくりに関するご相談は
お気軽にこちらへ

【注意文言等】 本ページの内容は、主として令和2年12月10日付の与党【自由民主党・公明党】の「令和3年度税制改正大綱」及び令和2年度3次補正予算成立を前提とした国土交通省ホームページに基づいています。