ページTOPへ
  • 商品スペシャルサイトはこちら
  • 平屋のカタログをもらおう!

平屋のトレンド紹介ページ

いま、平屋を建てるなら

より快適で、居心地の良い
平屋を建てていただくために、
「いまの平屋」ならではのトレンドを
4つのポイントに分けてご紹介。
取り入れたいトレンドを見つけて、
理想の平屋づくりに役立てましょう。

1.いま、平屋を建てるなら、空間を余すことなく活用しよう。

屋根の形にあわせて空間を高く、広く、伸びやかに感じさせる勾配天井のある贅沢な空間。

平屋なら、空間を余すことなく活用できる「立体で考える間取り」が可能です。

  • 2階建て

    2階建て
  • 平屋

    平屋

天井高に制限がある2階建てに対して、屋根形状にあわせて空間を最大限に活かせる平屋。「勾配天井のある大空間」や「小屋裏収納・ロフト」、「スキップフロア」で、空間を最大限に活用することができます。

TRENDを叶えるトヨタホームの技術
ワイズジョイントS工法(WJS工法)
  • ワイズジョイントS工法

    ワイズジョイントS工法
  • 平屋プラン(断面図)

    平屋プラン(断面図)

トヨタホーム独自の技術「ワイズジョイントS工法」で、ユニットとユニットの間を離すことが可能に。床や天井の位置を比較的自由に設計でき、変化のある空間を作ることができます。ヨコとタテに広がる空間の有効活用で、吹き抜けに加え、さらに「スキップフロア+収納」空間を実現。140cm以下の収納空間は延床面積に計算されないため、広い収納スペースを確保しながらも、固定資産税の課税対象にはなりません。

2.いま、平屋を建てるなら、大屋根の下、外とつながろう。

外とのつながりをより感じられる「内外一体空間」。

平屋なら、すべての部屋から自然を身近に感じながら、居心地のいい空間で暮らすことができます。

  • 2階建て

    2階建て
  • 平屋

    平屋

2階建ての場合、大屋根は2階にあるため、屋根下空間をつくりにくいものです。一方、大屋根の下を有効活用できる平屋でなら、内外がつながった一体空間で、広がりとゆとりを感じられる空間づくりをすることができます。

TRENDを叶えるトヨタホームの技術
大開口
  • 一般的な軸組構造

    一般的な軸組構造
  • トヨタホームの鉄骨ラーメン構造

    トヨタホームの鉄骨ラーメン構造

「軸組構造」の建物では、構造体を支えるための筋交いや耐力壁によって開口部の大きさが制約を受け てしまいます。一方、トヨタホームが採用する鉄骨ラーメン構造は、柱と梁をボックス状にしたユニットのため、開口の大きさが制限されず、光と風を十分に満喫できる大開口をつくることができます。大開口により、内と外とのつながりをより感じられる居心地のよい空間を実現します。

3.いま、平屋を建てるなら、各部屋とつながりのあるワンフロアを造ろう。

平屋はワンフロア設計。各居室へのアクセスがスムーズにできるため、ライフスタイルに合わせた自由な間取りの設計を楽しめます。

  • 2階建て

    2階建て
  • 平屋

    平屋

2階建ての場合、1階は人が集まるリビングダイニングやキッチン、2階は寝室という間取りが一般的。一方、各居室がワンフロアでつながる平屋なら、リビングダイニングを中心に、仕切りを設けないオープンスペースから、ワークスペースや寝室などのプライベート空間まで、ライフスタイルにあわせて工夫した間取りを実現できます。

TRENDを叶えるトヨタホームの技術
大空間&可変性
  • ワイドスパン工法

    ワイドスパン工法

トヨタホームのユニット工法なら、連結部を強靭な梁で補強することにより、柱を取り除いた広い空間を作ることができます。確保できる空間の広さは、最大35畳。構造体の強さはそのままに、理想の大空間を実現します。
また、設計の自由度を支えるのが、ユニット工法です。長く住み続ける住まいだからこそ、ライフスタイルの変化にあわせて、耐力壁に左右されない自由な間取りを実現できます。

3.いま、平屋を建てるなら、夏も冬も家中の空気を快適に。

全館空調システムのある平屋なら、家の中の温度差を抑え、夏の熱中症や冬のヒートショックを軽減。夏も冬も、一年を通して、家中どこにいても快適で健康にくらせる空気環境を実現します。

  • ※ 愛知県 1月末~2月初旬、14時前後 : 屋外気温8~9℃の実測値
  • ※ 愛知県 8月、14時前後 : 屋外気温30~35℃の実測値

一般的な住まいでは、床下に外気を通して床下換気をするため、床面の温度は外気に影響し、室内の温度差が出てしまいます。一方、新発想の平屋は、基礎部分を断熱材で覆う基礎断熱により、外気をシャットアウト。全館空調により、室内の空気は床下空間にも行き届くため、室内と床表面の温度差がなくなり、より快適でやさしいくらしを実現します。

TRENDを叶えるトヨタホームの技術
スマート・エアーズPLUS
  • 空調イメージ

    空調イメージ

全館空調「スマート・エアーズPLUS」は、家全体を快適な温度に整える空調システムに基礎断熱を組み合わせる「床冷暖※」という新発想。
温熱環境を床下から見直すことで家中の温度ムラを抑え、1年中いつでもどこでも心地よい「温度バリアフリー」を実現します。 ※床冷暖とは、スマート・エアーズに基礎断熱を組み合わせることで、従来よりも足もとを快適にする効果のことを示します。床に冷暖房装置がついているものではありません。